Wildflower 北海道 ブログ

北海道東部の野花や高山植物、山菜、キノコなどを紹介するブログです。

チングルマ (稚児車)

チングルマは、北海道を代表する高山植物です。標高1,000mくらいから目にしますが、1,500mを超えてくると最も良く目にする高山植物と言っていいでしょう。見渡す限りの大群落は見事ですし、咲いた後の綿毛の姿もきれいです。

チングルマは、植物というよりは低木であり、秋になると紅葉します。また、雪のなくなった場所から順次咲くので、7月初めから8月中旬まで楽しめます。

分類

バラ目 / バラ科 / ダイコンソウ属

学名

Geum pentapetalum

大雪山

7月20日

8月3日

8月9日

8月14日

日高山脈

5月25日 アポイ岳

夕張山地

6月28日

チングルマを見るなら?

チングルマを見るのにおすすめな場所を紹介します。

裾合平

裾合平に咲くチングルマは見渡す限りに広がっていて、規模では日本一ではないでしょうか。時期は8月に入ってからの方が良いですが、近年の小雪、猛暑の場合は速めた方が良いでしょう。

大雪山旭岳ロープウェイの姿見駅から裾合平へ向かい中岳温泉まで歩くと、チングルマを中心とした高山植物を堪能できます。kunimiyasoftオフィシャルでも紹介していますので、よろしければどうぞ。

感想

チングルマは、登山を始めて、高山へ初めて足を踏み入れた時に一番印象に残る高山植物ではないでしょうか。夏に残雪がある高山で、雪が溶けた場所から次々と咲くチングルマは、覚えやすくて印象的です。高山植物の名前って意外と知られていない場合が多いのですが、コマクサチングルマは、誰でも知る人気の花だと思います。

また、咲いた後の綿毛の姿も印象に残ります。コマクサよりも生育範囲が広いことから、高山植物の代表と言っても良いのではないでしょうか。